西村洲衞男のブログ以外の文章(未公開のものなど)

「私の夢」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は2016年8月15日」、先日公開した「夢や箱庭の意味を読み取る」の前に書かれた文章です。この文章を書かれた時、西村先生は79歳でした。80歳近くになってもご自分のこころの問題に取り組もうとされている様子がうかがえます。
2016年9月1日が最終更新日の文章です。本文には「夢や箱庭の意味を読み取る」という題が付けられていますが、「通訳と心理分析」というタイトル名で保存されていました。
「箱庭 セミナー資料」というタイトルで保存されていた文章です。
「ポアンカレ法」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は2009年6月26日です。
「たましいといのち」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は2019年5月8日です。
「セミナー資料 対話的心理療法」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は2015年1月23日です。
「心理相談の経験から」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は2010年11月19日です。
「西村臨床心理学」として残されている文章の最後のもので、「西村臨床心理学1-11 自我意識の芽生えと自殺や死の意識」というタイトルが付けられているものです。最終更新日は2019年8月12日」です。
「西村臨床心理学 自分とたましいをつなぐもの (改訂版)」というタイトルで保存されていた文章です。最終更新日は8月15日で、次回公開する西村臨床心理学1-11とされている文章よりも後、この西村臨床心理学と題されている文章の中でも一番最後に書かれたもののようです。
「西村臨床心理学 自分とたましいをつなぐもの 改訂版」とタイトルが付けられていた文章です。最終更新日は2019年8月8日です。

さらに表示する