悩みの重さ

悩みはたましいの一部分になっていて、生きる上での重荷になっている。たましいの重さはどれくらいであるか?

相談に見える人は、それぞれに悩みを抱えている。アトピーやうつ的な気分や人とうまくやっていけない悩みなどである。アトピーにはステロイドが効く。薬を塗って治るくらいの症状なら軽い。うつ病治療の薬を飲めば少しくらいは治るのではないかと希望が芽生える。それくらいの重みしか無いと感じられる。

しかし、別な視点から見ると、そこにはその人のいのちがかかっているはずである。いのちをかけて悩んでいるところを引き出すのがカウンセラーの仕事ではないか。わざわざそんなに余計な悩みを引き出さなくても応急措置で悩みを軽減できるなら良いのではないかとも考える。それで済む人は良いが、その悩みが何十年も続く人があるから、抜本的に考えて見ようとするのが私たちの立場だと思う。

かつて、仕事を変わった時、新しい職場で私は手指の皮膚炎にかかった。方方の皮膚科にかかった。あるところでは猫を飼っているのでネコアレルギーではないか言われた。猫は何年も飼っていますと説明しても、女医さんは怪訝な態度であった。何年も一緒にいるのになぜ今ネコアレルギーになるのかと頭にきた。

私にとってアトピーは手指の病で私の存在をかけた悩みではないと思っていた。

しかし、ある時、研究室を訪ねてきた学生が私の指を見て、自分もアトピーだったが、ステロイドを使わないことにし、痒み止めのムヒにもステロイドが入っているものがあるので使わないと言った。私はそれ以後薬を全く使わないことにした。そして、新しい職場に対して感じている違和感に対して、こんなことに負けてたまるかと思った。その思いには私の全存在がかかっていたのではないか。

それ以後急速に手指の皮膚炎は消失した。学生のアトピーもステロイドを断固として断った時良くなったのではないか。つまり存在をかけて悩み決断した時、何か新しいものが始まるのではないか。

手指の皮膚炎は身体の一部の疾患でしかない。しかし、その症状が示唆するところをいのちをかけて悩む時、悩みはたましいの重みを持ったものとなり、その人に生きる道を開くのではなかろうか。

カウンセラーというのは、自分のいのち、たましいの重みをかけて仕事をしている人とならなくてはならないのではないか。

心理療法の教科書に照らして、技術的なことだけを考えてやっているカウンセラーは頭だけでやっているから、軽くて、頼りにならない感じがする。カウンセラーとして生きる、そこに全存在がかかっている、それがカウンセラーの大事な条件ではないか。

ただ、学校の軒先を借りてやっているスクール・カウンセラーはその限りではない。学校ではいのちがけで生きると、生徒も教員もとたんに不適応を起こすに違いない。学校は程々のところで、みんなで楽しく暮らすところで、朝先生に会えば、お早うございますと元気よく挨拶すれば良い所である。深刻に悩むところではない

 

悩みの重みは特別な場所で感じられるべきものではないかと思う。そういう意味で檀渓心理相談室という場所は大切なところである。