スタッフのエッセイ

毎朝、出勤時の車の中でNHK FMのクラシック音楽の番組を聴く。曲と演奏者の簡単な紹介と音楽だけのシンプルな構成なのが気に入ってすっかり朝の習慣になっている。今朝は「NHH交響楽団が1960年に世界一周の演奏旅行に出かけたときの貴重な音源」という紹介で、ヨーロッパでの演奏会の録音の放送があった。
コーヒーが好きだ。1日2回、多い時は3回、毎回豆を挽いてコーヒーを淹れる。手間ではあるけれど、コーヒーを淹れる作業も好きなので気にならない。
連休中のささやかなイベントとして岐阜県美術館で開催されている塔本シスコ展を見に行ってきました。この画家のことは何も知らなかったけれど、新聞にカラフルな作品が紹介された広告があり、興味を持ちました。
普段はあまり、というかほとんどテレビは見ないのですが、今のNHK大河ドラマは出演している役者の人に興味もあって最初から見ています。
少し前に、雑誌 ビッグイシュー で「チェアリング」についての記事があった。
河合隼雄先生がよく話をされたり、本にも書かれていたりしたことだが、やはりいい方法はない、しみじみそう思う。
車の運転は好きだ。見知らぬ土地を運転してみたくて、旅先ではレンタカーを借りることが多い。
先日、ある人と話をして別れた後、とてもさわやかな気持ちになった。こころが素直になったというか、私も私なりにやっていこうというような前向きな気持になった。  その人とは特別な話をしたわけでもない。久しぶりに会って、ここ最近の様子をいろいろと聞いたぐらいだ。それだけだけど、その話のなかにもその人らしい誠実さが感じられて、聞いているだけでこちらも気持ちが落ち着いた。ふと、こういうのが西村先生が常々言っていた「人格の力」なのだろうと思い当たった。
エディプスコンプレックスについてはもちろん知ってはいたが、エディプスの神話を実際読んだときは考え込んでしまった。
古事記にオオゲツヒメの話がある。高天原を追放されたスサノオが、空腹を感じてオオゲツヒメに食べ物を乞うと、オオゲツヒメはどこからとなく様々なごちそうを出してくる。いったいどこから持ってくるのかと思ったスサノオがこっそりオオゲツヒメの様子を見ていると、オオゲツヒメは鼻や口、尻から食べ物を出し、それを調理してスサノオに出していた。

さらに表示する