スタッフのエッセイ

先日、檀渓のスタッフと数人でバウムテストのセミナーを行った。
日常生活で、たいしたことではないけどどうにも腹の立つことがある。
小さいときに好きだったCMがある。風景や音楽が印象的で、以前からもう一度あのCMを見てみたいと思っていた。
車の運転中、前の車の後ろに張ってあるステッカーに目が行った。
「夏季集中」と題して檀渓心理相談室で行ったバウムテストのセミナーは、先日3回の予定を全て終えた。
先日、あるところで質問に答えて話をしていたときに、ふっと口から「カウンセリングというのは生活を豊かにするものではないか」という言葉が出てきた。普段、そういうことを考えていたわけではなけれど、後から改めて考えて確かにそうかもしれないと思った。
幼い頃、初めて海に行った時の記憶がある。
バウムテストのセミナーを開催した。こんなご時勢なので、参加者の定員は5人、県の臨床心理士会のホームページに案内を出したら、すぐに参加の申し込みがあったのでうれしかった。
目が覚めた時はきちんと覚えていた。うとうとしながらも頭の中で内容をおさらいした。まだ映像はリアルによみがえってくる。夢を記録しようと起き上がったとたん、一瞬にしてすべて忘れてしまった。
先日、THE BIG ISSUEの最新号(Vol 435)を読んでいたら、レ・ロマネスクという音楽グループのTOBIという人のインタビューが掲載されていた。

さらに表示する